会議やプレゼンなので使う赤いレーザーポインター


レーザーポインターについての質問です。


会議やプレゼンなので使う赤レーザーポインター

暗所では当然ハッキリ視認できますが、

例えば明るい屋外の壁にレーザーを当てた場合、

当たってる場所が分からないのは、

レーザーは届いているけど明るくて見えないのか、

太陽の紫外線などで打ち消されてそもそも届いてないのか

どちらでしょうか?

ふと疑問に思ったのですが、詳しい方のご回答を

お願いいたします。


建築現場では、レーザー墨取り機で、レーザー光を壁や柱に当てて水平や垂直を取るのは当たり前になっている。


屋内だけではなくブロック積みなどで屋外でも使うが、屋内に比べて屋外はやはり見づらい。


では届いてないのかというと、レーザーポインター 防水受光器というのがあってそれで墨出し機からのレーザー光がどの位置に来てるか検出できる。


結論を言うと、レーザーポインター 強力からの光は届いてはいるが周囲が明るい場合は肉眼では見つけにくい。



ただ、検出器を使えば届いているのは判る。


http://fdtyyt.exblog.jp/25111049/


http://focusreza.on.omisenomikata.jp/diary/1508560


レーザーを各仕様に応じて用途別に分類する


保護眼鏡を利用せずにレーザーポインター使用したら


レーザーポインター 緑/レッドレーザー/赤レーザーポインター/ブルーレーザーを各仕様に応じて用途別に分類しました。お選び頂く際のご参考にして下さい。


また、レーザー製品によっては、分類された用途以外でもご使用条件などによりご使用頂ける場合があります。UVやPurpleなどの波長やライン光、出力、形状などお客様のご要望やご仕様に応じてカスタマイズ対応もさせて頂きますので、お気軽にご相談/お問い合わせ下さい。


位置決め?計測?テスト?分析?検査などの光源、各種機器組み込み用、鉄鋼?機械、自動車、建築?土木、半導体、理化学?バイオテクノロジーやケミカルテクノロジーなど幅広い分野でご利用頂いております。


レーザーを利用し、離れた場所のある一点を光で指し示すための装置。小型で携帯性に優れ、教育やプレゼンテーションの現場でよく用いられる。プレゼンテーションソフトと連動し、アプリケーションの実行?終了、ページの送り?戻しなどができるものもある。


日本では1mWを超えるレッドレーザーポインターの販売は違法ですが、外国の業者が日本語のサイトで商売をやっている例があります。外国から発送さえる場合、税関に止められる可能性は否定できません。


しかし信頼できる業者なら対応してくれるのではないでしょうか。


 


保護眼鏡を利用せずにレーザーポインターを使用したら、先ず間違いなくあなたは目に障害を持つことになると思われます。もし近くに他の人が居れば、彼等にも障害を負わせる可能性があります。だから、必ずレーザー保護メガネかけて、他の人に照射しないでください。


カラオケ?ディスコなどで使用すると周りの雰囲気をもっと賑やかにされ、楽しくなります。天文学者は、夜の星を観察するのに適しています、正確に星の位置を示すことができます。


レーザーポインター 星空観察は旅、登山の時に道を迷ったり、災難を遭った場合には遭難信号として使えます。あなたの旅行をもっと楽しく面白く、野外活動に適した機器として評価されています。火災、洪水、地震などの緊急事態の時に使えます。


http://potuks.com/pin/1wblue/


http://kokoki.blog5.mmm.me/mmmblog-entry-38.html


充電式グリーンレーザーポインター指示棒 smart usb


電池不要で使用できる経済的なUSB充電式レーザーポインタ。底面のマクロUSBポートから、付属のUSBケーブルでPCと接続することで充電でき、乾電池がいらないので軽く、携帯に便利だ。



高級感のあるステンレスを採用し、持ち運びに便利な専用ケースが付属する。


ペンタイプのベーシックなレーザーポインター 緑は、ボタンを押している時だけライトが点くというシンプルな機能のため、短時間の使用や、頻繁に使わない場合は手軽に扱えて最適です。


光量としては室内で使用するのが最適。また、手頃な価格なので最近ではビジネス用途ではなく、猫の遊び道具として購入する人が増えています。


いつでも清潔な抗菌仕様なので、学校や病院でも安心して使用できます。


照射中は、通電表示ボタンが点灯するので、暗い場所でも照射しているかどうか、ひとめでわかります。


赤色レーザーより視認性の高い緑色レーザーを採用しています。約200m先まで照射できます。


大半のレーザーポインター 猫は乾電池を使用しますが、充電式ならその分軽くなりますし、電池を持ち歩く煩わしさからも解放されます。出張や外出がが多い人におすすめです。


http://www.karadakara.com/note/my/record/day/20161214_ar97.html


https://medium.com/@focusreza3/greenlaser-for-work-453ecd0cf880#.i32gr1zhp


 


レーザーで点火方法と原理について


レーザーで点火方法と原理について


マッチ点火:グリーンレーザー100mw、レッドレーザーポインター200mw、調焦後点火


できるだけグリーンレーザーポインターを選びください。それは緑レーザー光線は散らしにくいです。


Step1:レーザーポインターの焦点を調整し、焦点をフォクスする。

Step2:マッチを射出光線の一番細かいところに置きます。

Step3:数秒後集めている熱量はマッチを燃やせる。


 


原理:レーザーは通常の光と同じ、エネルギーが含まれています。通常光に比べて、レーザ光は指向性とエネルギー集中特が強くて能量を集めている光線です。例えば、100wh出力のレーザーで点火するのは、100whの工率の能量を何mm²面積のところで輸出する。面積がとても小さくて、能量密度はとても高いです。だから、瞬間に集めている能量は熱を生産して、マッチを燃やすことができます。

あるレーザーポインターは調焦ができて、平行な光線を点に集めて、更に燃やす効果を高めます。


レーザーの出力について:


市場に流通している製品の最高出力は、グリーンレーザーポインターが1000mw(1W)ぐらい、ブルーレーザーポインターが3000mw(3W)ぐらい、それ以上の出力は大体何倍出力を夸张し、消費者を詐欺する行為です。真実出力でレーザーポインター販売店おすすめ:focusreza.com。


点火できるレーザーポインターおすすめ:レーザーポインター 高出力レーザーポインター カラス駆除超強力ブルーレーザーポインター


https://angel.co/-1288


http://focusreza.web.fc2.com/


 


 


レーザーポインターの回路について


レーザーポインターの回路について


自作レーザーポインター 自作の製作をしていると色々と質問をぶつけられるので

内部的な事をここで書いて置きます。

レーザーポインターを知らない人は、なにを基準にして購入されているでしょうか?

ショップの評価ですか?

見た目のデザインの良さですか?

価格ですか?

レーザーポインター購入について、私がよく言ってるいる

出力詐欺。

ショップさんが販売されている携帯型のレーザーポインターの最大出力は今の所2Wです。(2000mw)

これ以上の出力を手にいれる事が出来るのは、自作レーザーのみです。

もしレーザーショップで3000mwとか5000mwとか10000mwとかあったとしたら

それは間違いなく出力詐欺である。



レーザーポインターのパーツの中でもっとも重要なパーツ

それは、定電流回路です。

この回路が悪ければいくら良いダイオードを使っても、出力を100%出す事が出来ません。

車で例えるとしたら、ダイオード=エンジン

回路=ミッションになります。

エンジンも大事だけど、エンジン性能を100%出す為にはミッションもよくないと駄目って事です。

レーザーポインター 強力で使用されている回路は主に3つあります。



1...リニア回路

2...昇圧回路

3...降圧回路



リニア回路は、3端子レギュレターを使用した回路でDVDレーザーとかに使われる回路です。

少ないパーツ構成で作れるので初心者向けであり、もっとも安く作れる安価な回路です。

メリットは、少ないパーツと値段が非常に安い事。

デメリットは、発熱量が大きい事。

この回路は、電流を光りにする割合が少ないので

1Aの電流が流して、100%で1000mwとすれば

リニア回路は、60%くらいしか光にならないので

残りの40%は、熱として失われます。

この割合によって回路が優秀であるかどうか判断出来ます。

ショップさんのレーザーポインターのほとんどは、コストをかけて作られていないので

リニア回路で作られています。

出力が低い、発熱量が大きいというのがこの回路の特徴。

発熱量が大きいので、回路に熱対策をしていないと熱で焼けて壊れます。

ショップのレーザーは、回路にヒートシンクなどは付けませんので使用時間を長くすると

たちまち壊れてしまうのです。

ヒートシンクが必要なのはダイオードだけではないって事です。

ここが、工業用レーザーポインターの中身を知らない人はわからない部分ですね。



2...昇圧回路



昇圧回路は、1本のバッテリーの電圧を回路で持ち上げて点灯させる回路です。

通常、ダイオードは5V電圧が必要なのでリチウムイオンバッテリー3.7V→5Vにして

点灯させています。

この昇圧回路の効率は、88%くらいで

1Aの電流流して12%は熱として損失してしまいます。

リニア回路よりは、かなりいいほうですが発熱量はやや高いです。



3...降圧回路



6V以上の電圧を使用して、電圧を5Vに降下させて点灯させる回路です。

バッテリーを2本して3.7×2=7.4V→5Vにしている。

この回路の効率は93%ほどになるので一番優秀な回路です。

値段も一番高く、超強力ブルーレーザーポインターにはもっとも適した回路であるため

出力も100%近く引き出す事が出来ます。

私の自作品のレーザーポインターは、100%降圧回路です。

バッテリーを2本使用していれば降圧回路というわけではなく

リニア回路も2本使用したりします。

3端子レギュレターは、3V/5V/12Vに電圧を一定にさせる機能を持っています。

5Vのレギュレターを使用する場合、入力電圧は6V以上必要になります。

降圧回路と同じで、7.4Vの入力を5Vにして出力させます。

なので、2本バッテリーを使用しているからと言って、降圧回路だとは思わない方がいいですよ。



パソコンの電源とか、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナってランクつけされていますが

あれは、500Wブロンズとかだったら、電気を100%変換出来ればかなり優秀なんですが

まず、100%ってありえないので95%とかになったりするんですけど

まずブロンズクラスってのは、変換率80%なので500Wの80%だと、400Wになるので

500Wのブロンズの電源を購入したら、400Wしか使えないって事になります。

シルバーになると85%

ゴールド90%

プラチナ95%

とかになるので、100%に近い電源が優秀って事になります。

自作パソコン作る人は、ブロンズ買う人多いけど

1000Wの電源でプロンズだと、800Wしか電流流れないって事になります。

なのでブロンズ買う場合は、500W必要なら、600Wの電源にしたらいいって事になります。

話しは反れてしまいましたが、回路ってのはこういう変換率があるので

○○%って言う数字がすごく重要であるって事です。

でも、天体指示レーザーポインター購入する時はそういうデータはありませんよね。


http://fasperly.diarynote.jp/201610161849566617/


http://fransp.coslife.net/


搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友