猫の運動不足を解消するには


猫の運動不足を解消するには


推定一歳の元・野良猫を、完全室内飼で飼い始めました。

トイレなどもきちんと覚えて今のところ順調なのですが、ただひとつ、どうやら運動不足らしいのです。

猫を飼った経験のある方、特に、キャットタワーをお持ちの方、どうかよろしくお願い致します。


ニャンだろうを買う前は、小さな鏡に日光や照明の光を反射させて遊ばせてたんですが、この光に食いつく猫ちゃんなら、多分レーザーポインター 5mwにもハマると思います。私はニャンだろうを買ってしまいましたが、普通のレーザーポインターの方が電池も長持ちするしいいんじゃないかな、と思います。ニャンだろうはすぐに電池がなくなるんです。


レーザーポインター 猫の人気が高いようですね。猫と遊んでて、飼い主の体力が先に尽きてしまった場合は、レーザーポインターのオモチャがお勧めです。実はさっき、知り合いがレーザーポインター おすすめを貸してくれると約束してくれました。借りてみて、食いつき具合をみたいと思います。


猫じゃらしでチラチラ隠し技をしてもあんまり食いついてこなくなったころ、レーザーポインター カラス駆除を購入したら確かにグングン食らいついてきた。


捕まえたという実感がないとうちの猫もストレスを感じそうです。猫じゃらしでも、たまに捕まえさせてあげないと、イライラし出すのが分かりますし。


レーザーポインター 100mw


http://ninomi.seesaa.net/article/428358584.html?1445590637


http://www.dclog.jp/en/8367930/560029139


代表100試合目のセスクを襲ったレーザーポインター


代表100試合目のセスクを襲ったレーザーポインター


シュートはあえなく防がれ


スペイン代表MFセスク?ファブレガスにとって、12日に行われたユーロ予選のウクライナ戦は代表100試合目となる節目の試合だった。この重要な試合を1-0で終え、自身の記録に華を添えることができたチェルシーMFだが、1点残念な点があった。




1-0で迎えた23分、セスクはPA内で相手DFに倒され、スペインはPKを得る。キッカーは獲得したセスク自らが務めたが、シュートはウクライナGKピヤトフの右手に防がれ、得点とはならなかった。

コースが甘かった、相手のGKの読みが当たった、様々な要素がこの失敗の背景にはあるが、蹴る寸前にグリーンレーザーポインターが執拗にセスクの顔に当てられたことは見落としてはならない要素だ。ウクライナサポーターからの「援護射撃」は品性?モラルに欠けた行動であり、それは結果として試合に影響してしまっている。

試合やフェアプレイ精神以前に猫用レーザーポインターを目に直射することは失明の可能性もある危険な行為。スタジアム内で日常的に起こるこういった出来事を甘く見ず、手荷物検査などの予防措置、そして取り締まりの強化を願うばかりだ。


 


レーザー光を用いた可視化


レーザー光を用いた可視化


今、流体の流れを可視化する実験をしています。

そこで、光源にレーザーポインター 5mw光を用いたいと思っているのですが、

レーザー光をシート状の光にする方法がわかりません。

どのような装置を組めばいいのでしょうか?



流体には白煙を混ぜてその挙動を高速ビデオカメラで撮影します。

レーザーポインター キーホルダー光の出力は1mWのものを使用したいと考えています。

可視領域は20×15mmです。



私の知っている範囲での話ですが、専用機で得られるレーザーシートも平行光ではなく扇型に広がっています。流れを可視化する上では別にそれが不都合になるとは思えませんでしたが、平行光にしないといけない理由が他に何かあるということでしょうか。



さてレンズ以外の方法でシートを作るとしたらガルバノメータ式が考えられます。ご存じかもしれませんが、ガルバノメータとは指針式のアナログメータの可動コイル軸に、針の代わりにごく小さな鏡をバネで取り付けたようなものです。可動コイルに電流を流すと電磁力で鏡が振れるので、この鏡にレーザーポインター カラス退治ビームを当てれば反射光が大きく振られることになります。昔はオシログラフの部品として使われたりしましたが、今ではもはや入手は難しいでしょうね。



自作するとしたらスピーカのコーンを使えば可能かもしれないと思って調べたら、下記のような自作例をみつけました。これは参考になるでしょうか?


なお一つ気になるのがレーザの出力です。

20*15mmという小さな領域とのことなのでOKかもしれないけれど、1mWで大丈夫?

撮影条件によって違うのはもちろんですが、自分の経験ではかなり大出力(確か2000mWクラス)のレーザーポインター 2wを使っても、いざ撮影しようとすると光量不足で苦労しました。まあ水中での照射だったせいもありますが。



レーザーポインターを盗んだ容疑者が逮捕された


 


名古屋市で現金5千円などを盗んだとして大分中央署は8日、窃盗の疑いで、大分市向原沖、会社員、南里崇明容疑者(22)を逮捕した。


逮捕容疑は5月21日~6月1日の間、名古屋市港区の会社で、現金5千円とレーザーポインターなど3点(計約11万円相当)を盗んだ疑い。



南里容疑者は8日未明、大分中央署高城交番を訪れ、「財布や保険証が入ったバッグをなくした」と届けた。酒に酔い、態度も不自然だったことから、対応した警察官が照会したという。


南里容疑者のバッグは同日朝、市内の歩道橋に落ちているのを通行人が発見した。


盗んだレーザーポインターは一般の猫用レーザーポインターと比べて光の強度が小さいため、会議などで使っても目が疲れにくい。学校や企業の利用を見込み、1年間で5千本の販売を目指す。


最近、プレゼンテーションの機会がますます増えている。ちょっとした会議や商談でも、プロジェクターを使うことが多くなってきた。


そこで、今回注目するのがレーザーポインターだ。すでにおなじみのレーザーポインターは、赤いレーザー光が照射されるタイプだろう。大きな会場でも光がきちんと届くので重宝している。


ところが1年程前に、ある会場でグリーンレーザーポインターを見かけた。実は新製品としてグリーンのポインターが登場したことは知っていたのだが、実際に使われている場面に初めて遭遇したのだ。


もちろん、最初の印象は物珍しさだったのだが、その気になってじっくり観察すると、赤色光よりも見やすいように思えたのだ。


実は、緑色の光の方が、赤に比べて3倍の比較感度があるという。個人差を問わず見やすいらしい。これは科学的に証明されていることで、メーカー各社も見やすさをアピールしている。


プレゼンでは、ライバルとの違いや目新しさが結構重要だ。「あのレーザーポインター 5mwを使っていたプレゼンです」で、思い出してもらえたなら、見やすさ以上の価値がある。


 


 


搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友