ホール来場者のマナー違反、中国ではレーザーポインター照射


ホール来場者のマナー違反、中国ではレーザーポインター照射


2016年3月14日、ニューヨーク・タイムズによると、公演中に聴衆が携帯端末を使うことは世界各地の劇場やホールで出演者や主催者を悩ませている問題だが、中国では“有効な”対策が取られている。問題の聴衆にレーザーポインターを照射するのだ。16日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。


 



中国の劇場・ホール管理者は公演中に携帯端末をいじるなどの行為を働く聴衆に赤レーザーポインターを当てるのは最も有効な解決策だと話し、本人の意識を向上させなければ、こうしたマナー違反はなくならないと説明する。 



上海大劇院の関係者は、出演者にとって聴衆が携帯端末をいじっているのは耐えがたい行為で、超小型レーザーポインターを当てることで遠回しにやめるように促すのだと話す。薄暗い会場内でレーザーを照射し、軽く恥をかかせて、マナー違反を自覚させることが目的なのだという。 



しかし、会場内でレーザーポインターを照射することで、出演者は気が散らないのか。その点は、会場側が照射するタイミングを配慮するなど、対策を講じていることを明かしている。 



なお、中国国家大劇院は2007年から運用されているが、当初は公演中でも着信音が何度も鳴ったり、通話し始めたり、写真を撮ったりする人が後を絶たなかった。現在は多くの劇場・ホールで通信機能抑止装置を使っており、そうした行為は減少しつつあるが、マナー向上の最善策としてレーザーポインター プレゼンを使用している会場もある。


路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕


路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕


回送中の路線バスに強力なレーザーポインター光線を当てて運行を妨害したとして、大阪府警捜査1課と守口署は25日、威力業務妨害容疑で大阪府守口市八雲中町の無職、津田徳幸容疑者(57)を逮捕した。「自宅のベランダから道などにレーザーを当てたが、バスに当てたかは記憶が定かでない」と供述している。


 府警は津田容疑者の自宅や車からレーザーポインター 高出力計4個を押収。うち1個は国内の基準の約1千倍で失明の恐れもある青色のレーザーを照射する機能があったという。


 逮捕容疑は昨年12月14日午前8時45分ごろ、マンション4階の自宅のベランダから、近くの国道1号を回送中の京阪バスを運転していた40代男性にグリーンレーザーポインター光線を当て、バスの運行を妨害したとしている。


 同課によると、バスに客はおらず、けが人や目立ったダイヤの乱れもなかった。同様の被害はほかに確認されていないという。



搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友