レーザーで点火方法と原理について


レーザーで点火方法と原理について


マッチ点火:グリーンレーザー100mw、レッドレーザーポインター200mw、調焦後点火


できるだけグリーンレーザーポインターを選びください。それは緑レーザー光線は散らしにくいです。


Step1:レーザーポインターの焦点を調整し、焦点をフォクスする。

Step2:マッチを射出光線の一番細かいところに置きます。

Step3:数秒後集めている熱量はマッチを燃やせる。


 


原理:レーザーは通常の光と同じ、エネルギーが含まれています。通常光に比べて、レーザ光は指向性とエネルギー集中特が強くて能量を集めている光線です。例えば、100wh出力のレーザーで点火するのは、100whの工率の能量を何mm²面積のところで輸出する。面積がとても小さくて、能量密度はとても高いです。だから、瞬間に集めている能量は熱を生産して、マッチを燃やすことができます。

あるレーザーポインターは調焦ができて、平行な光線を点に集めて、更に燃やす効果を高めます。


レーザーの出力について:


市場に流通している製品の最高出力は、グリーンレーザーポインターが1000mw(1W)ぐらい、ブルーレーザーポインターが3000mw(3W)ぐらい、それ以上の出力は大体何倍出力を夸张し、消費者を詐欺する行為です。真実出力でレーザーポインター販売店おすすめ:focusreza.com。


点火できるレーザーポインターおすすめ:レーザーポインター 高出力レーザーポインター カラス駆除超強力ブルーレーザーポインター


https://angel.co/-1288


http://focusreza.web.fc2.com/


 


 


レーザーポインターの回路について


レーザーポインターの回路について


自作レーザーポインター 自作の製作をしていると色々と質問をぶつけられるので

内部的な事をここで書いて置きます。

レーザーポインターを知らない人は、なにを基準にして購入されているでしょうか?

ショップの評価ですか?

見た目のデザインの良さですか?

価格ですか?

レーザーポインター購入について、私がよく言ってるいる

出力詐欺。

ショップさんが販売されている携帯型のレーザーポインターの最大出力は今の所2Wです。(2000mw)

これ以上の出力を手にいれる事が出来るのは、自作レーザーのみです。

もしレーザーショップで3000mwとか5000mwとか10000mwとかあったとしたら

それは間違いなく出力詐欺である。



レーザーポインターのパーツの中でもっとも重要なパーツ

それは、定電流回路です。

この回路が悪ければいくら良いダイオードを使っても、出力を100%出す事が出来ません。

車で例えるとしたら、ダイオード=エンジン

回路=ミッションになります。

エンジンも大事だけど、エンジン性能を100%出す為にはミッションもよくないと駄目って事です。

レーザーポインター 強力で使用されている回路は主に3つあります。



1...リニア回路

2...昇圧回路

3...降圧回路



リニア回路は、3端子レギュレターを使用した回路でDVDレーザーとかに使われる回路です。

少ないパーツ構成で作れるので初心者向けであり、もっとも安く作れる安価な回路です。

メリットは、少ないパーツと値段が非常に安い事。

デメリットは、発熱量が大きい事。

この回路は、電流を光りにする割合が少ないので

1Aの電流が流して、100%で1000mwとすれば

リニア回路は、60%くらいしか光にならないので

残りの40%は、熱として失われます。

この割合によって回路が優秀であるかどうか判断出来ます。

ショップさんのレーザーポインターのほとんどは、コストをかけて作られていないので

リニア回路で作られています。

出力が低い、発熱量が大きいというのがこの回路の特徴。

発熱量が大きいので、回路に熱対策をしていないと熱で焼けて壊れます。

ショップのレーザーは、回路にヒートシンクなどは付けませんので使用時間を長くすると

たちまち壊れてしまうのです。

ヒートシンクが必要なのはダイオードだけではないって事です。

ここが、工業用レーザーポインターの中身を知らない人はわからない部分ですね。



2...昇圧回路



昇圧回路は、1本のバッテリーの電圧を回路で持ち上げて点灯させる回路です。

通常、ダイオードは5V電圧が必要なのでリチウムイオンバッテリー3.7V→5Vにして

点灯させています。

この昇圧回路の効率は、88%くらいで

1Aの電流流して12%は熱として損失してしまいます。

リニア回路よりは、かなりいいほうですが発熱量はやや高いです。



3...降圧回路



6V以上の電圧を使用して、電圧を5Vに降下させて点灯させる回路です。

バッテリーを2本して3.7×2=7.4V→5Vにしている。

この回路の効率は93%ほどになるので一番優秀な回路です。

値段も一番高く、超強力ブルーレーザーポインターにはもっとも適した回路であるため

出力も100%近く引き出す事が出来ます。

私の自作品のレーザーポインターは、100%降圧回路です。

バッテリーを2本使用していれば降圧回路というわけではなく

リニア回路も2本使用したりします。

3端子レギュレターは、3V/5V/12Vに電圧を一定にさせる機能を持っています。

5Vのレギュレターを使用する場合、入力電圧は6V以上必要になります。

降圧回路と同じで、7.4Vの入力を5Vにして出力させます。

なので、2本バッテリーを使用しているからと言って、降圧回路だとは思わない方がいいですよ。



パソコンの電源とか、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナってランクつけされていますが

あれは、500Wブロンズとかだったら、電気を100%変換出来ればかなり優秀なんですが

まず、100%ってありえないので95%とかになったりするんですけど

まずブロンズクラスってのは、変換率80%なので500Wの80%だと、400Wになるので

500Wのブロンズの電源を購入したら、400Wしか使えないって事になります。

シルバーになると85%

ゴールド90%

プラチナ95%

とかになるので、100%に近い電源が優秀って事になります。

自作パソコン作る人は、ブロンズ買う人多いけど

1000Wの電源でプロンズだと、800Wしか電流流れないって事になります。

なのでブロンズ買う場合は、500W必要なら、600Wの電源にしたらいいって事になります。

話しは反れてしまいましたが、回路ってのはこういう変換率があるので

○○%って言う数字がすごく重要であるって事です。

でも、天体指示レーザーポインター購入する時はそういうデータはありませんよね。


http://fasperly.diarynote.jp/201610161849566617/


http://fransp.coslife.net/


レーザーポインターで風が吹いても消えない火焚き


レーザーポインターで風が吹いても消えない火焚き


火を付けるのにライターは、風が吹いていると火が消えてしまいます。

レーザーポインター 高出力なら風が吹こうと関係ありません。

むしろ、風がある方がよく燃えます。






レーザーポインターに興味のない方は、よくこんな物なんに使うの?

という質問をされたりしますが



まず、害虫退治に使います。

殺虫剤を使うのはもったいないのでレーザーポインター カラス退治で焼き殺します。



登山で遭難した場合に、自分の位置を知らせる為に光りを放ちます。(昼間の明るい時は無理ですが・・・)



焚き火に使用します。

枯れ草などを集めて、焼き芋を作るのも良し

燃やして、ゴミをコンパクトにするのも良し



夜空に天体指示レーザーポインター光線を放って、星を差します。



レーザー光線は、とても光が美しく見ているだけで魅了されてしまいます。

レッド、ブルー、グリーンレーザーポインター、イエローと様々な光があります。



興味ない方でも、focusreza.comでいろんなレーザーをご覧になってみてください。


http://faett.fukuokablog.jp/e10574.html


http://blogs.yahoo.co.jp/feywety/42863129.html


搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友