路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕


路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕


回送中の路線バスに強力なレーザーポインター光線を当てて運行を妨害したとして、大阪府警捜査1課と守口署は25日、威力業務妨害容疑で大阪府守口市八雲中町の無職、津田徳幸容疑者(57)を逮捕した。「自宅のベランダから道などにレーザーを当てたが、バスに当てたかは記憶が定かでない」と供述している。


 府警は津田容疑者の自宅や車からレーザーポインター 高出力計4個を押収。うち1個は国内の基準の約1千倍で失明の恐れもある青色のレーザーを照射する機能があったという。


 逮捕容疑は昨年12月14日午前8時45分ごろ、マンション4階の自宅のベランダから、近くの国道1号を回送中の京阪バスを運転していた40代男性にグリーンレーザーポインター光線を当て、バスの運行を妨害したとしている。


 同課によると、バスに客はおらず、けが人や目立ったダイヤの乱れもなかった。同様の被害はほかに確認されていないという。



留言

发表留言

只对管理员显示

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友