緑のレーザーポインターって、赤より凄いんですか?


緑のレーザーポインターって、赤より凄いんですか?


グリーンレーザーポインターが優れているのは、

同じ出力なら最も明るく見えるという点です。

同じ明るさなら最も低出力で済むとも言えます。



それは人間の眼の色に対する感度の違いによります。

人間の目の感度の頂点は555nmの緑色です。


一般的に光線の色と呼ばれる分類は、波長の違いによるものである。



レーザポインタの波長は、赤で635~690nm、緑で530nm程度である。

ちなみに赤外線は700nm以上となるため、赤く見える。



視感度(色の見易さ)は短波長ほど高いと言われているため、緑の方が見やすいことになるが、使用時の背景色が同色の場合などは識別しにくくなるため、用途に応じ使い分けることが多い。



温度特性は赤より緑の方がシビアになることに加え、光学機器としての部品点数も多くなるため、緑の方が高価になりやすい。








<参考>

レーザポインタとは?



レーザ発振機の一種で、出力0.2mW~500mW程度まででクラス1~4に分類される。

一般にレーザーポインターと呼ばれる機器は、クラス1および2を指す。



?クラス1:玩具用猫用レーザーポインター

?クラス2:会議等のプレゼン用

?クラス3:レーザーマーカや光学式ドライブなど

?クラス4:レーザーショーなど






なお、クラス3ないし4になる高出力レーザーポインター グリーンと、人体の眼球が損傷したり皮膚障害を起こす恐れがあるほど高出力であるため、使用時は注意が必要となる。


 


 


留言

发表留言

只对管理员显示

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友